二重にして理想の目元をゲット【美容クリニックのススメ】

まぶたの厚い人は切開法で

眼

埋没法だと戻りやすい

まぶたを二重にするにはアイテープを使うというやり方もありますが、アイテープできれいな二重を作るのは意外に難しいものです。また、アイテープではいちいち貼り直さないと二重が作れないので面倒だというデメリットもあります。美容整形クリニックで二重まぶたの整形手術を受ければ、そんな手間からも解放されます。美容整形で本格的な二重にしたいというときは、切開法が適しています。二重の整形といえば人気があるのは埋没法ですが、埋没法は誰にでも向いているわけではありません。まぶたにある程度の厚みがある人の場合、埋没法では将来糸が取れてもとの一重に戻ってしまう可能性が高いといわれています。ですが美容整形の施術法は年々進化しているので、いずれはまぶたの厚い人でも埋没法のような簡単な整形法でしっかりした二重にできるようになると期待されています。

脂肪も同時に除去

まぶたの厚い人の目が腫れぼったいように見えるのは、単に一重だからということではなくまぶたに眼窩脂肪という脂肪がついていることも原因となっています。そうした人は切開法で脂肪も取り除くとすっきりした二重まぶたになることができます。眼窩脂肪を取り除くときは、できあがりの二重の線に沿って脂肪を除去します。そして特殊な糸を使って切開した部分を縫い合わせていきます。これで美しいラインの二重まぶたが完成します。一重まぶたの人が美容整形を受けると印象ががらっと変わるので、中にはあまり極端に変わるのは不安だという人もいます。しかし最近の美容整形クリニックではバーチャルによってあらかじめリアルな完成予想イメージを見せてもらうことができるので安心です。